本文へ移動

当社のSDGsの取り組み

SDGsの取り組み

宮本工業株式会社は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 人や国の不平等をなくそう
  2. 住み続けられるまちづくりを
  3. つくる責任つかう責任
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 海の豊かさを守ろう
  6. 陸の豊かさを守ろう
  7. 平和と公正をすべての人に
  8. パートナーシップで目標を達成しよう

当社の取り組みについて

目指す取り組み

当社は、鬼怒川のそばに位置し、自然環境に恵まれた立地環境にあります。そこで、当社では、自然環境の保護と、河川の保護に取り組む一環として、鍛造工程の一部である、潤滑工程の見直しに取り組んでいます。
この工程では、現在、パウダー状の潤滑剤を活用していますが、作業環境にも悪く、また、鍛造後に洗浄しなければならず、廃水処理を施す必要があり、環境への負荷が高くなってしまっています。そこで、洗浄・排水処理の低減が図れる新しい潤滑剤の使用を開発中です。来年度には、開発を成功させたいと考えています。

河川の保護

自然環境の保護

宮本工業株式会社

〒329-2441
栃木県塩谷郡塩谷町大字船生9133
 TEL.0287-47-1122
 FAX.0287-47-1613
1
3
7
5
8
7
TOPへ戻る